日本学力検定協会では、学力を「たくましく生きる力」と捉え、あくまでも実生活に基づいたものだと考えている。 日本学力検定協会 試験 模擬試験 コンサルティング クイズ番組 インテリ芸人 基礎学力 勉強 学歴 教師派遣 人材紹介 私学経営コンサルティング 就職指導 派遣 東京

社長ブログ 全国大学新聞 会社概要

 

日本数学協会

一般財団法人日本学力検定協会

グループ会社:株式会社学検 

所在地:
〒330-0805 さいたま市大宮区寿能町2-161-1-2F

会長:岡部恒治

Yahoo! JAPAN

詳細情報
特別講演会
特別講演会 学力向上の秘訣
特別講演会 特別講演会 学力向上の秘訣

PDF文書168KB

グローバル人材(育成)検定 Wogl
グローバル人材育成検定


日本人の行動特性
日本人の必要条件
日本の大学の在り方
GLEP問題による学習動機づけ
ユニバーサル型大学のリメディアルの在り方・考
2010年 日本リメデイアル教育学会・発表原稿「検定試験の有効性」
2,009年  今時、大学1年生の数学力
今、日本人が思考を変える時
鷲北コラム
就職社会人力の購読
ご登録になりたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンをお押して下さい。 コンサルティング

このメールマガジンは『まぐまぐ!』から発行しています。
http://www.mag2.com/

ADOBE READER
講師紹介

<教務部長>

氏名

鷲北貴史(わしきたたかちか)

出身校

慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程
専門は教育社会学、リメディアル教育学

実績

偏差値30代の生徒を数多く再生。
早稲田大、慶應義塾大、東京外大、横浜国大、横浜市大、東京学芸大、千葉大など
その独自のメソッドを大学教育にも活用。成績不振の大学生を再教育して公務員や資格取得などの実績多数。

講師としてのこだわり

「きょうは授業受けにきてよかったな」と、必ず思ってもらうような授業をする。
その生徒が持っている能力を最大限まで引き出すお手伝いをする。
合言葉は【楽しくなければ授業じゃない!】

やりがい

「先生とであったから、今の自分がある」
こんな台詞を聞いてしまったら、講師稼業はやめられませんな~。
若者の人生を、コーディネートしてクリエイトしている自覚を持って、日々精進です。

新しく登録してくる講師へのメッセージ

我々に課される要求は、学校側からも生徒側からも厳しいものです。
学校現場に我々が入っている意味を、よく考えてください。
責任も重大ですが、だからこそ、やりがい100%です。
一緒に「プロであること」を追求していきましょう。

<英語科チーフ>

氏名

西村 卓(にしむら すぐる)

出身校

慶應義塾大学 文学部

実績

クラス平均偏差を一年で9伸ばしたことがあります。22伸びた子もいました。

講師としてのこだわり

丸暗記から脱却させ、原理・原則から教え込むことにより根本から叩き直し、出題によってムラの出ない安定的な力を付けさせることをモットーとしています。文法書ではいくつにも枝分かれしている様々な事柄も元を辿ればごく限られた原理に基づいているということを生徒たちが理解したとき、その時こそが「うまくいった授業」として認められるのだと考えています。

やりがい

教えることがもはや趣味で、3日間も休むと熱が出ることすらあります。常に「伝えること」への問題意識があり、お笑い芸人のトークに感心させられることもあります。現在担当している学校には様々な生徒層があり、それによって幅広く対応する話術が自然と身に付きつつあることが実感され、プロとしての幅がますます広がっていることをうれしく思いながら充実した日々を送っています。

新しく登録する講師へのメッセージ

技術職たるものスキルアップしてこそだと思います。幅広い生徒層を指導できるので毎週が成長の糧となっています。また、特に英語科は横の繋がりが強く、教える際のアプローチなど他の講師の方々から学ぶことも多々あります。この道を極めようとする講師の方々と触発しあえたら素敵なことだと思います。

<国語科チーフ>

氏名

清水 秀一

出身校

早稲田大学第一文学部英文科卒業、同大学大学院修士課程・博士課程修了

実績

東京大学、東京外国語大学、早稲田大学、慶應大学、上智大学など多数。

講師としてのこだわり

少子化によって、一頃に比べ、大学に随分、入り易くなったのは確かです。けれども、首尾よく第一志望校に合格できる生徒はまだまだ少ないように思われます。それ故、先ずは教え子達に、彼等が望む大学に合格できるだけの学力を身につけさせる―この事が予備校講師に課せられた最大の責務です。そのためには、入試問題を研究し傾向を分析して、それによって得た知識を教場で伝えてゆく。これが出来なければ、教師として用をなさないのは言うまでもありません。けれども、その一方で、受験勉強を通して、若い人達の心が豊かになればいいと願ってもいます。私は予備校や塾で主に高校生に国語を教えておりますが、その際、文法や単語の知識、所謂「受験の技術」を伝えるだけでなく、国語を学ぶ事が精神面での新たな展望が開けていく契機となって欲しいと願っています。譬えて言うなら、国語と云う「窓」を通して生徒諸君が海外事情に関する見聞を広めたり、彼我の文化の違いに着目したり、ひいては、国語の美しさに気付く……。そんなのは昔の教養主義で「使える国語」が求められる時代の要請に合わないと言われるかも知れません。が、教育というものは、アランの言ったように「断固として時代遅れであるべき」本質的に保守的な営みだと、頑なに信じています。

やりがい

十年前に教えていた或る一人の生徒から毎年、年賀状が届きます。今年のそれに、国立大学の「大学院博士課程に進み、良き研究者になるため、日々研鑽を重ねている」と書いてありました。本当に驚きました。国語が苦手な子だったので‥‥。こういう時には、しみじみと「教えていて良かった」と感じるものです。

新しく登録する講師へのメッセージ

是非とも仲間になって、様々な学校で教鞭をとられてきたなかでの、貴重な体験談をお聞かせ下さい。

<数学科チーフ>

氏名

亀山武志(かめやまたけし)

出身校

大阪大学工学部

実績

初めて会った時には、大学受験どころか高校卒業も危うかった生徒が私と出会い、人生や将来等色々話していくうちに、だんだん更正し、最終的には国立大学医学部に合格しました。
今は立派なドクターです。

講師としてのこだわり

私自身生徒として塾に通っている頃、難しい問題を分かりやすく教えてくれる塾の先生が大好きでした。
現在講師として教壇に立っていますが、生徒目線で考え、どんな生徒に対しても必ず理解させる様、教え方には工夫しています。

やりがい

今まで数学が苦手だったのに、亀山先生の授業を受けてから、数学が好きになりました。
お陰様で、数学の成績がこんなに上がりました。
など言われると、先生冥利につきます。

新しく登録する講師へのメッセージ

先生との出会いで生徒の人生は大きく変わります。
教育に興味がある方は、是非我々と一緒に講師をやっていきましょう!

<数学科サブ>

氏名

山崎慎太郎(やまざきしんたろう)

実績

高3スタート時、数学の偏差値38.9月には偏差値69まで伸ばしました。
見事に第一志望の国立大学へ合格しました。

講師としてのこだわり

大学受験生時代の自分は正直勉強ができない側の生徒でした。
そんな自分を変えてくれたのが、予備校での授業でした。そのときの感動を今度は自分が与えられるようにと思い講師となりました。

新しく登録する講師へのメッセージ

塾・予備校と違い、いかに生徒のやる気を引き出せるか本当に勉強になります。どうしたらうまく成果を出せるかなど、ぜひみなさんと考えていきたいものです。